2012-11-21から1日間の記事一覧

宮崎駿は、高畑勲の礼賛した人と自然の共同作業=里山に対し、人に触れられていない自然、触れさせない自然を描いた。「原」風景という意味では、後者の方が優れた作品といえるでしょうか?

そうですね、『もののけ姫』に登場するシシ神の森は、屋久島等々に取材して造型したものですから、できるだけ人間が足を踏み入れられないような、畏怖すべき自然の姿を描こうとしたのでしょう。しかし結局、ラストではシシ神の森はなくなって、里山にみるよ…

ジブリ作品について、『風の谷のナウシカ』は里山とは違いますが、やはり環境を扱ったものではありませんか?

自然を扱ったものとしては、コミック版『ナウシカ』の方が深く複雑で、自然/人間の二項対立を描いた『もののけ姫』より優れている、とぼくは思います。『ナウシカ』の自然=世界は『もののけ姫』のそれより強靱で、腐海を生み出しつつも浄化と回復を続け、…

日本の昔話は室町時代頃から存在したと思うのですが、江戸時代を通じて現代に至るまでの間に変化はしてきたのでしょうか。

例えば、授業で扱った『桃太郎』など、江戸時代を通じても内容に変化が生じます。よく知られているのは、川上から流れてきた桃から桃太郎が生まれてくるパターンと、桃を食べて若さを取り戻した爺さん・婆さんが子供を産む、というパターンの2つが確認され…

世界遺産の白神山地も伐採されていたそうですが、その植生や景観はかなり変化してしまっているのですか?

白神山地については、弘前大学の長谷川成一氏の研究によって、近代以前の植生が詳細に明らかにされています。それによると、17世紀前半の白神山地は針葉樹の群生が中核をなしていたものの、授業でもお話しした近世初期の大開発によってヒバやスギなどが盛ん…

農業技術の発展に、気候の温暖化が関係していると知って驚きました。それ以外に、温暖化によって新たに生まれたもの、発展したものはあったのでしょうか。

古い時代でいえば、例えば漁業の発展です。現在の日本の食文化には魚食の占める割合が大きいですが、その基礎が作られたのが、温暖化の環境変化に適応しようとした縄文の食文化なのです。氷河期が終了して気温が上昇してくると、これまで大型哺乳類が跋扈し…

近代までの日本の景観に草地が多かったとすると、いまあるたくさんの樹木はどこから来たのでしょう。 / いくら日本列島の自然の回復力が強いからといって、さんざん使い込んだ挙げ句に放置しても、自然に戻ることができるのでしょうか?アフターケアも大事ではありませんか?

人間が手を加えることで現状を維持していた森林などは、その「保全」の取り組みを止めてしまうと、様々に綻びが生じて植生が変質してゆくことになります。それは、生きている樹木ならば当たり前のことで、草木の生まれては死んでゆくさまが繰り返されるうち…

遷都を繰り返し、森林が失われていったというお話でしたが、跡地に植林された等、失われた森林を回復しようとする動きはなかったのでしょうか?

日本で本格的な植林が行われるのは、近世以降に過ぎません。それまでの山地利用は、ほぼ自然の回復力に頼ったものでした。よって、人間による開発が自然の回復力を上回ると、禿げ山のような状態が長期にわたって持続したり、土砂流出、河川の天井川化による…

農民が鎮守の森を伐採したとのことですが、神聖な寺社所有の森を伐ることに抵抗を覚えなかったのでしょうか。

もちろん一部には、聖域を侵蝕すること、神木とされるような樹木を伐採することへの畏れ、抵抗は存在しました。私は以前、「樹木が伐採に抵抗し、切り口から血を流したり、伐った人間が病気になったり頓死したりする」伝承の類を、北海道から沖縄まで所在調…

古墳や大仏を造るには、相当な量の時間と人力を費やしたと思いますが、それにもかかわらず、あれほどたくさん造ってきた背景は何だったのでしょう。宗教以外の理由はあるのでしょうか。

やはり、権力の象徴であったからでしょうね。古墳に関していえば、一定の環境開発を前提に築造されるわけですから、自然を制圧したモニュメントともいえるわけです。また各古墳では、カミとなった被葬者を祀りつつ、現首長が神的な力を手にするための諸儀礼…

私は千葉に住んでいますが、船橋市にも「芝山」という場所があります。授業で出てきた「芝山」に由来するのでしょうか?

国立公文書館のデジタル・アーカイブで確認できる元禄「下総国絵図」をみてみると、ちょうど葛飾郡と千葉郡の境界付近かと思うのですが、平地で山などの描写は確認できません。ただし、周辺は水田化が進み、干拓事業が展開された印旛沼も近いので、草山・芝…

前近代においても、環境破壊が問題視されることはあったのでしょうか。 / それでも、日本人の自然観の根底には、「畏れ」があると思うのですが、どうでしょうか。

次回の授業でお話ししますが、それが災害に発展した場合には問題視されます。記録に残るのは王権や政府のものですが、一般の村落共同体レベルでも、過度の破壊によって手痛いしっぺ返しが生じた場合には、開発を抑制するなどの措置が取られたでしょう。それ…

「人間が作り出した自然」というものについて、否定的な考えを持つ必要があるのか? / なぜ私たちは、「人の手が入っていない」自然を大事と考えているのでしょう?なぜ人工は天然に劣ると考えられているのか、何がそうさせているのか、疑問に思いました。 / 現代において自然を破壊することは悪いこととされていますが、昔の人々は生きるために自然を利用し開発を進めていました。これを悪いこととは思いませんが、こうした認識の違いはどこからくるのでしょう?

近代という時代は、文明の発展のために自然を素材として用いてよい、自然から解放されそれを制圧することこそ人間の宿命である、と考えられてきました。この単元の冒頭でもお話ししたとおり、しかしそのことが地球環境のバランスを崩し、幾多の環境問題を生…

先生は、人間が自然を制圧して共生してゆくという意味ではなく、お互いがそのまま共生してゆくことが可能だと思いますか。また、その意味での共生が困難だとしても、これから人間はどのように自然と付き合ってゆくべきだと思いますか。

文明が永久に拡大・発展を続けようとするその傾向に歯止めをかけ、生物多様性の維持された環境が現状より悪化しないよう、注意してゆくことが理想です。そのためには、生態系に対するより深い研究と、ある程度の管理的介入が必要となるでしょう。しかしそれ…