元明女帝は孫の首皇太子を幼少であるとして、娘の氷高内親王に譲位した。しかし持統女帝は、その頃の首と同年齢だった珂瑠皇子を即位させている。この違いは何なのだろう。

講義でも少し触れましたが、私見では「不改常典」、すなわち現天皇が後継者を指名する形式を徹底させるためと理解しています。古代日本の皇位継承法は時代によってずいぶんと揺れがあり、そのことが候補者間の内紛を誘発することに繋がってきました。持統・元明はその過ちを避けるべく、また草壁皇統ラインを実現すべく、後継者指名の制度化・絶対化を図ったのではないでしょうか。よって、首が元明退位の時点で即位に充分な年齢に達していたにもかかわらず、もう一度指名譲位を行って元正に嗣がせることにしたのでしょう。不比等の体調が思わしくない事情もあって、若い首に政権を委ねることに不安があったことも一因と思います。