近代オカルティズム全般を扱った概説、入門書のようなものはありますか?

津城寛文『"霊"の探究―近代スピリチュアリズムと宗教学―』(春秋社)、一柳広孝『〈こっくりさん〉と〈千里眼〉―日本近代と心霊学―』(講談社選書メチエ)でしょうか。とくに入門書としては、後者が分かりやすいですね。