日本のマスコミには報道内容に偏りがあるという話でしたが、先生はふだんどれくらいの新聞を、また国内・国外メディアを比較しているのですか?

そういわれるとつらいですね。かつて、「寺で暮らしていた」ときは、左から右まで、『赤旗』『朝日新聞』『毎日新聞』『神奈川新聞』『読売新聞』『産経新聞』を総覧していました。現在は、通常は限られたソースでしか情報を得られていません。しかし特定の問題については、研究仲間を通じて、広汎な情報を得ることができます。今回はそれに基づいて話をしました。YouTube等では、海外メディアのニュースも把握することができますし、facebookの友人たちからも多様な情報がアップされます。できるだけ違う立場、異なるソースからの情報を得ることが大事でしょうね。