物部氏や大伴氏などの豪族集団は、天皇家とは血縁関係があるのでしょうか。

大伴氏の祖神は天忍日命物部氏の祖神は饒速日命で、ともに高天の原に由来する天神ですが、そのパンテオンを構成する神であることは確かでも、皇神の一族ではありません。大伴氏は難波から紀伊にかけての領域を本拠とし、物部も河内を本拠にしていましたので、雄略以前に大阪付近を根拠とした王朝(『書紀』などでは応神・仁徳朝)に奉仕した豪族であったと考えられます。『古事記』『書紀』の記述はともかく、現実においては、彼らが複数あったと想定される大王家の各グループと、婚姻関係を持っていた可能性は否定できないと思います。