『日本書紀』は、中国にみせるために編年体で書かれているんですよね? 偽装ばっかりの歴史を中国は受け容れたのでしょうか。そもそも本当に『書紀』を中国にみせたのでしょうか?

舶載していった可能性はありますが、結局はみせていないでしょう。当然、『書紀』を撰した編纂官たちは、その限界を熟知していたと思われます。ただし、後世に至るまで『書紀』の正史としての地位は揺るがず、幾度か講義もされていますので、例えば新羅渤海使節などに読ませた、内容を伝えたということはありえます。日本の古代国家が百済王族を包摂して誕生したように、『書紀』も百済史書を包摂して初めて成り立っています。その指し示すところの「日本の正統性」は、新羅渤海にこそ向けられていたのかもしれません。