なぜ藤原仲麻呂は、恵美家を創設したり、天皇家との一体化を目指すなど、藤原氏との切り離しを図ってゆくのでしょうか。藤原氏であることの限界を感じたのでしょうか。 / 乱の後、恵美家はどうなってしまったのでしょうか。

当時、藤原南家には、長男の豊成がいて仲麻呂よりも早くに出世をしていました。北家も、房前以来、南家よりも内廷に強い影響力を持っていたのではないかと思われます。自らの家系を豊成よりも上席とし、藤原氏のなかでも常に頂点へ位置づけておくためには、不比等鎌足の子孫を中臣氏から独立させ、藤原氏として確立したように(実は不比等がそう画策する以前は、他の中臣氏にも藤原姓を名乗る者があったのです)、恵美家を天皇家と一体化した特別な家として屹立させ、藤原氏よりも格上に設定する必要があったのでしょう。