『日本書紀』には当初から捏造された部分が多いとのことなのですが、そんな文献を利用する意味があるのでしょうか?

授業の最初のほうでもお話ししましたが、いかに虚偽の部分の多い文献でも、それが作られた時代・社会の事実を伝えているのです。これまでお話ししてきたことも、『日本書紀』と、その他の文献との比較検討によって明らかになったことであり、『日本書紀』がなければ、何も判明しないに等しかったのです。たとえ「偽書」と呼ばれるようなものでも、歴史学においては大変に重要な史料となります。