東西南北に四神が描かれている壁画ではキトラ古墳のそれが有名ですが、それ以前にこれらを描いた遺跡はあるのでしょうか。また、なぜ他の動物ではなく、これらの動物が描かれたのでしょうか。

四神は中国で作られた方角の守護神で、宅地や都城、墳墓などを造営する際に意識されます。もともとは天文に関わりのあるもので、天の赤道に沿って作られた星座「二十八宿」を、東西南北の四方で7つずつにグルーピングしたとき、それぞれを天の四方を守る神獣に喩えたものです。日本列島の古墳に直接影響を与えた中国東北部の魏晋墓、朝鮮半島北部の高句麗墓では、5〜6世紀に四神像が多く描かれるようになります。キトラ古墳の壁画の制作には、この高句麗の技術者が携わったと考えられています。