本ブログの説明

※ 現在、はてなダイアリーからの移行処理中です。レイアウトやフォントなどのデザインは、調整中のものです。新学期から正式に駆動の予定です。

                                      • -

このブログは、上智大学で北條勝貴が担当している講義への質問の回答、演習科目(ゼミを除く)における学生の発表への講評を掲載するために作成しました。以前はそれぞれの科目で独立したページを作成していましたが、2007年秋よりこの場で一括して扱うことにしました。
・原則として講義聴講者のために設営しているページですので、この場でのコメントには対応しておりません。あらかじめご了承ください。
・ブログの名称は、フランスの文学批評家モーリス・ブランショの書名から借用しました。
※ なお、このブログは無料使用モードのため、記事の下に広告が貼り付けられています。すべて北條の意図したもの、確認したものではありませんので、広告へのアクセスは閲覧者各自の責任で行ってください。

○過去の開講科目のシラバス/質問回答ページへのリンク
【日本史概説 I(古代史)→アジア・日本史系概説Ⅰ】
 06春:シラバス回答、07春:シラバス回答、08春:シラバス、09:春シラバス、10:春シラバス、11:春シラバス、12:春シラバス、14:春シラバス、15:春シラバス
【日本史特講(古代史)】
 06春:シラバス回答、06秋:シラバス回答、07春:シラバス回答、07秋:シラバス、08春:シラバス、09春:シラバス、10春:シラバス、11春:シラバス、12春:シラバス、14春:シラバス、15春:シラバス
【全学共通日本史】
 06秋:シラバス回答、07秋:シラバス、08秋:シラバス、09秋:シラバス、11秋:シラバス、12秋:シラバス、14秋:シラバス、15秋:配付資料
歴史学をめぐる諸問題】
 08春:シラバス、09:春シラバス
【原典講読】
 10秋:シラバス
東京大学:宗教学宗教史特殊講義】
 17秋:シラバス
○関連リンク
 ・北條勝貴ブログ「仮定された有機交流電燈」
 ・北條勝貴 facebook(最近は上記ブログをなかなか更新できず、専らfbで情報発信しています)

【レポート関連】期末課題についての質問、2です。

Q.)具体的に日本史上の出来事を研究するのではなく、例えば「世界は軋み始めているのか」などの抽象テーマを、アジア史、または西洋史で論述するのは大丈夫でしょうか?

A.)歴史の知識を題材として使う、ということであればよしとしましょう(メインの内容が外国史であっても構いません)。しかしその場合も、講義でどのようにそのトピックを扱っていたのか、しっかり位置づけてから論述するようにしてください。

Q.)レポートで、多種多様性について書く場合、平城京などのいわゆる歴史らしい内容を含まない場合もあると思いますが、それでもよいのですか?

A.)上に準じます。あくまで歴史の講義ですので、歴史について扱われていなければ、受講生が単位を出して良い水準に到達したか判断できません。よって、抽象的なテーマについて考察する場合でも、歴史的な事象を考察の素材として扱ってください。

レポート関連です。

Q.)先生が、教授の授業でアイヌの人骨の話を絡めて優生思想を扱っていましたが、それをレポートの題材にしてもいいでしょうか。

A.)どうぞ、挑戦してください。アイヌ琉球、朝鮮、人骨盗難は学問の暴力でもあり、学府に連なる者であれば、自分の問題として追究/追及する責任があります。近年、研究も増えてきていますので、ぜひ頑張ってください。

レポート課題がLoyolaでみられなくなっているとのことなので、以下に同じものをアップしておきます。

【テーマ】講義中に扱ったトピックのうち、自分の関心のあるテーマを任意に選び、学界での議論の現状や講義の内容を踏まえて、自分なりに考察しなさい。

・字数は、3200字程度(400字詰原稿用紙換算8枚程度)。

【書式】A4用紙

・用紙はA4に統一のこと、書式(縦書き・横書き、字数・行数など)は自由。直筆でも、ワープロ・プリントアウト原稿でも構わない。

【提出〆切】8月5日(月)16:00

※ Loyolaでは8/4になっていると思いますが、日曜なので、延長して8/5とします。

【提出場所その他】7号館9階奥の専用ポスト

・メールに添付しての提出も受け付けるが、その際には受領の返信を確認すること。

 

【レポート関連】期末課題についての質問をまとめました。

Q.)これから各時代のトピックについて入ってゆきますが、レポートで扱うトピックは、それ以前のタイムラインの講義で少しずつ出てきたものでも構いませんか?

A.)もちろんです。ガイダンスから最後の回まで、どこかで触れたものであれば何でも構いません。

Q.)レポートでは、必要に応じて図や表を引用しても構いませんか?

A.)これももちろん、構いません。しかし引用の場合は、しっかり出典を明記してください。

Q.)「学界で議論されていること」は、どのようにすれば分かるのですか?

A.)それぞれのテーマに沿った、最新の論文や、あるいは最新の論点をまとめた概説書を読めば分かります。論文の探し方は、坂野先生の「歴史学研究入門」で学んでいるはずです。概説書も上智OPACNDL-OPACなどで検索できますが、授業の2回目でも大体のものは紹介しておいたはずです。

Q.)世界史選択だったためか、先生の授業がまったくといっていいほど分かりません。高校の日本史の教科書を使って勉強したらカバーできますか?

A.)お話ししていることを、すべて細大漏らさずに把握しようとするから、混乱するのではないでしょうか。大学の授業では、教員の話を自分なりに整理し、場合によっては取捨選択して聴く必要があります。世界史選択だったのなら、タイムラインの各時代のところでアジア史に結びつけて大まかな流れを整理しているわけですから、自分の知っている世界史の知識と関連づけながら、この中国王朝の時代に日本列島では何が起きているのか、この中国や朝鮮半島の戦乱が日本列島へどう影響を及ぼしているのか…などとまとめてゆけば、流れは理解できるのではないでしょうか。天皇の即位順や系図などについては、やむをえずに紹介していますが、それを一々把握しておく必要はありません。あとは、関心のあるトピックについて、適宜調べてゆけばよいだろうと思います。略年表は配付してあるわけですし、それに多少メモ書きしたり、事象をカテゴライズするだけでも、各時代の整理はできるはずです。なお、もし勉強するのであれば、せっかくですから、高校の教科書より、ガイダンスのときに紹介した参考文献の概説から、比較的簡単に読めそうなものを選んでみたほうがよいでしょう。

リクエストがありましたので、古墳祭祀における供献物の埴輪化、すなわち供献物型土製品を幾つか紹介しておきます。

f:id:hojo_lec:20190723122847p:plain

坊の塚古墳(岐阜県)の魚型土製品、モチ型土製品

f:id:hojo_lec:20190723123038j:plain

ナガレ山古墳(奈良県)の供献物型土製品

上の写真は、岐阜県各務原市の坊の塚古墳(4世紀末)、下の写真は、奈良県北葛城郡のナガレ山古墳(5世紀前半頃)から出土した土製品で、供献型土製品と呼ばれます。古墳の喪葬儀礼に使用されたもので、高杯、丸底壺、笊形土製品などに伴って出土してしています。これらの上に載せられる形で、被葬者に捧げられたのでしょう。事例としては多くありませんが、アケビ形、モチ形、鳥形、魚形などが確認されています。坊の塚古墳ではモチ形と魚形、ナガレ山古墳の場合はほとんどアケビ型でしょうか。

腐ったイザナミの身体には、なぜ雷神が成っていたのか。神が体に発生するのは悪いことなのか。 / 死者にも生者にも一緒に行けないことを分からせるというのは、お葬式から帰ったとき、家に入る前に塩を撒いたりするのと関係があるのでしょうか?

授業でもお話ししましたが、落雷は稲作における豊穣のシンボルであると同時に、巨大なエネルギーを持ち実質的な被害も生む、「怖ろしいもの」の代表でもありました。イザナミの身体に雷神が成っているというのは、体の各所が「ものすごい状態」、具体的には腐乱が著しい状態になっており、それを、「巨大なエネルギーを持つ雷神が幾つも宿っている」と表現したものでしょう。神が神を宿すこと自体は、そもそもイザナミが日本列島に関わるさまざまな神々を産み落としていったわけで、悪いことではありません。『古事記』では、黄泉から帰還したイザナキがそのケガレを落とす際、アマテラス・ツクヨミ・スサノヲの三貴神が生まれています。なおこのケガレは、10世紀の『延喜式』で制度化され(ケガレの程度や感染、解除の過程・仕組みなどを成文化してもの)、中世を通じて被差別部落をも生み出してゆくようなケガレ文化とは異なり(特定の人々に実体化され、解除不可能となったもの)、直感的なプリミティヴなものです。しかし、上にも書いたように、ベクトルを転換することでカミをも生み出すようなエネルギー体でもありました。現代の葬儀に使用される塩は、『延喜式』のケガレ文化に連なるものですが、いわば死や死者をケガレを生み出すもの、生者に害をなすものとの発想を持ち、葬儀従事者への差別をも醸成する危険を持つので、宗派によっては使用を認めていないところもあります。