赤や青、緑といった顔料は何から作るのでしょうか。

やまと絵の顔料は、天然の石や貝殻を砕いて作った粉を、動物の皮や骨を煮て作る膠で溶いて使います。青は岩群青(藍銅鉱 アズライト)、緑は岩緑青(孔雀石 マラカイト)、赤には辰砂(硫化水銀)が用いられます。